FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シドニアの騎士 感想 第19話『科戸瀬イザナが見た夢』  第20話『岐神海苔夫の葛藤』

※ネタバレ注意

第19話『科戸瀬イザナが見た夢』
 ついに新兵器の詳細が明らかになった19話
なんとも弐瓶勉らしいデザインのライフル、圧倒的な射程からガウナを狙撃するなんてかなり強そう!
剣タイプのものじゃないのかとちょっとガッカリしたけどもこっちの方が弐瓶らしさも出て良いし、話の内容もかなり熱いので何回も読んでしまった
シドニアから離れ孤立した状態の民間船に迫るガウナ、普通では助けられない距離の船を不安定な新兵器を使って救助に挑む・・・
射程圏外からガウナに狙いを定め、仕留めた一発を発射する時、長道の体感時間は限りなく圧縮されていたに違いない

 新兵器の超高速弾体加速装置がカッコイイ、バイオメガの4000XLを彷彿とさせるデザインと思ったけどツグモリと大きさを比べると長いこと長いこと・・・(笑)
もう一つの新型背部ユニットもデカイしで、大きさに比例してロマンも大きくなった気がします
大きい兵器は良いものです・・・

 しかし今回の熱い展開とは逆にイザナの見た夢は少し悲しいというか切ないものに感じた
終わりのない大地を思いながら見る夢
実際の台地を見たことのないイザナはシドニアの中心にある柱にへばり付いた建物と床に似たような、終わりある大地しか思い描く事が出来ない
ラピュタで大地の感触は知っていても太陽の昇る地平線を知らないのだ
シドニアで巡らすことの出来る視線は必ず宇宙と船内を隔てる巨大な壁に当たってしまう

 きっとイザナに限らず、シドニアに住む人々は本物の大地を見たことが無いのだろう
不死の船員は知らんが・・・
思えば約千年の間、ガウナの恐怖に怯え平和を知らない暮らしをして来た人々なのであるわけだ
果たしてこの人たちは救われるのだろうか・・・?



第20話『岐神海苔夫の葛藤』
 落合の娘って衛人とは別の兵器で、つまり今保管されている落合の娘は討伐後の姿というわけか
落合なりにシドニアについて考えて・・・というよりはエナと人間の融合個体なんて作ってしまうくらいだから
知的好奇心が先行し作ってしまったように思う

棘のないサボテン
思念伝達誘導方式の実験の過程で行ったものと思われる
「棘は必要ない」というメッセージをサボテンに送り、直接手を加えずに棘を無くさせたんでしょう
こう書いてみると、作物に音楽を聞かせて味を良くするという手法ににて・・・はいないか
ていうかこの兵器って普通に考えて認可はおりそうにないなぁ
人間との融合とはいえ半分はガウナの脳と言えるわけだから・・・
東亜重工襲撃とガビザシの放出は起こるべくして起こったように見える

海苔夫
 ここのところ出番のなかった海苔夫、それに付きそう海蘊、二人とも海産系の名前かよ
サザエさんか!
というのはまぁ置いといて・・・
前回の新兵器が公開された時にも姿が見えなかったから、そのころにはもう衛人操縦士を止めると決意していたんだろう
長道の言葉に涙を流す姿にちょっと高感度UP、岐神という血に誇りを持ちつつも同時にコンプレックスを抱えていたであろう海苔夫
突然やってきた長道に継衛を奪われ名声も奪われ嫉妬心からあんな行動に出てしまった
多くの仲間と星白を亡くす大事故の張本人で、それを知る唯一の人である長道
恨んでいるであろう人物からの思いがけない言葉から、自分の愚かさを痛感し、罪の意識を感じるようになった
思えば長道をおとしめる直前に「お前が悪いんだ」と言っていることから全てを長道のせいにして責任のがれをしていたんだろう
誇りある岐神の血と、周囲から海苔夫として見られない事への不満感と、長道の登場があんな形で爆発したんじゃないだろうか

 しかし己の過ちに気づくも禁じられた研究室に入ったことで落合であろう人格に体を乗っ取られてしまう
会心したから「これ死亡フラグなんじゃ?」とは思ったけども本当にそうなるなんて、厳密に死亡したのかどうかは分からないけど
落合の人格は艦長のに置き監視ししている、あの肉体に封じ込められているだけじゃなく、別の形で保存されていたということと考えるのが良さそうだ
落合ほどの科学者なら何かに備えて人格のバックアップを取っていることは十分に考えられる

 ただ海苔夫の乗っ取りについてはどうしたのだろう?
すぐそばに補助脳があるけども、その中に人格の複製があったとして、それを利用してあの人形が海苔夫にダウンロードしたとも考えたけど
不死の船員が落合とは別のプロテクトをかけているだろうからそれをあの人形一つで解除できるとも思えない・・・

 というよりもあの人形が落合?
海苔夫の人格をなんらかの方法で封じ込め人形から思念伝達を行い体を操っている
リハビリというのは思念伝達のこともあるだろうが、人間の体を久しぶりに使うことも含まれているのかもしれない
しかし海蘊の体にいるトクシーヌという人物はよくわからん!
スポンサーサイト
[ 2010/11/26 19:55 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunhoukokusyo.blog106.fc2.com/tb.php/252-2305116b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。