FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ACVの愚痴と傭兵

人の多いチームに移って領地戦していたと思ったらボッチ傭兵になっていた
何をいってるか以下略

発売前から遅かれ早かれ、いづれは1人で遊んでそうだなとは思っていましたが
そこにいたる時間が短いのなんのって…まだ発売して一カ月だというのに!

そんなわけで領地戦してぇなと思いつつ傭兵に手を出しているわけです
マッチングとか、ストーリーの内容とかユーザーインターフェイス、パーツバランスと種類、領地戦のルールとか色々糞だなと思いつつ、決戦進行によばれて10分以上待機したり、空き巣することも多々あります
ぶっちゃけ糞ゲーです
あんだけ開発期間かけてたのに出来上がりがこれかよ!
ナンバリング表記がVじゃなくて5の時とかどんだけ糞だったんだよ!
施設に侵入→破壊or情報収集など→施設からの脱出→騙して悪いが…という長いミッションを期待してたらフランとロザリーがイチャイチャしてるだけじゃねぇか!しかもサブクエめんどくせぇぇぇぇッ
代表て誰だよ!影薄すぎんだろ!
なんで主人公は企業からレジスタンスに移ってんだよ、語らなすぎてフロム脳でも補えねェよ!
射撃安定で武器の連射速度上がるとかいらねぇよ!

ホギャアァァァァァァァァ!!でも続編でたら買います

という具合ですがACを動かすのは楽しいし対人戦になった時の興奮は良い物です
良い面がすごく面白いというのがまた腹立ちます

そんな傭兵ライフですが
通常侵攻で相手は4人、こちらはホスト1人の傭兵3人での戦闘開始!
相手チームを2人倒したものの、こちらの味方は全滅し頼れるのは己だけ、まさに傭兵ですね
真向勝負しても勝ち目は薄いので、建物から飛び出したり隠れたりしてなんとか勝てた時の脳汁はヤバいですな
そんな脳汁も味方がいたから、というのもチーム戦のだいご味

まぁそんな1人で大活躍!
…みたいなのをそう何度も出来るわけもなく
パルスマシンガンで蒸発したり、タンクを上から攻撃してやろうと思ったら見事に側面から攻撃されて蒸発したりしてます
おっさんモード楽しいです(^q^)

パーツ調整が入りましたがやっぱりお気に入りの中量2脚をつかってます
カッコイイこれ大事
武器は肩のサブコンを外してASミサイルに
ミサイルで重量が増えたのでガトリング(3500の方)をライフルにし、ハンガーのレーザーライフルを軽い物変更
しかしこのASミサイル、結構良い仕事してくれてますね
勝手にロックして目標に飛んで行ってくれるので、死角から攻撃を受けたらミサイルを発射して牽制し、その間に距離をとる(死角から撃たれてる時点で立ち回りが悪いんですけどねorz)
垂直ミサイルのように飛ぶので建物に隠れて発射、自分は横から飛び出して攻撃
というふうに使えるのが楽しい
ASミサイルの性質上思っても見ない方向に飛んで行くことと、重量と少ない弾数が欠点
ミサイル全般に言えることですが、弾数増やすか重量を軽くしてくれと思う

書いてて思ったんですが
ミサイルというのは相手の機動を制限するという働きがあります
避けるためにはハイブーストやブーストドライブ、又はミサイルの旋回する範囲の内側に入るという事が必要です
当たれば儲けもの、当たらなくても相手の機動を制限できるという武器です
これとジャマーを組み合わせたら結構良い支援になりそう

ジャマーは効果範囲内の機体の動きを大幅に鈍らせるものを選択
ミサイルと同じように相手に見せることによって機動を制限する壁として使えないかと
ジャマーが設置してあれば当然そこに近づきたくないわけですから、そこをさらにミサイルで機動を制限し味方機と攻撃するという戦法はどうなんだろうかと
ミサイルを回避、しかし回避できる方向はジャマーで制限
ミサイルが当たっても良し!ジャマー範囲に入っても良し!どちらでもなくても敵の注意が散漫になるので攻撃しやすい!
というわけでこの記事を読んだ方はこの戦法がチーム戦においてどれくらい有効なのか試してみてください
ついでにミサイルセントリーガンの場合も試してもらえるとたすかります
所詮は机上の理論という臭いがプンプンしますがねッ
スポンサーサイト
[ 2012/02/26 03:45 ] ゲームの話し | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunhoukokusyo.blog106.fc2.com/tb.php/306-d5edf60d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。